Profile
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
不動産投資のメリット・デメリット
0
    こんにちは
    よそふめです。

    今すぐどうのこうのというのはないのですが、将来に向けて不動産投資の本を買って少し勉強してみることにしました。


    そもそも、不動産とはミドルリスクミドルリターンといわれているようで。

     預貯金 < 不動産 < 株
    となるみたいです。

    預貯金は元本がほぼ保障だが、利息はわずか。。
    不動産は現物が残るため0にはなりにくく、家賃収入などある程度見込んだ額は入りますが、100倍とかは難しいです。
    株は0になるが、リターンに制限はありません。


    そして、素人のため

    不動産投資についてのメリット・デメリットを研究します。

    【メリット】●安定収入 … 当然家賃収入です。不動産投資の醍醐味!空室やら滞納がなければですが!
    ●節税 … メリット大!!サラリーマン所得との通算も可能 つまり所得税・住民税を!!
    ●保険 … ローンを組んで不動産を購入した場合に生命保険を節約できる。私の場合は生命保険掛けてないのでいまいちかも
    ●レバレッジ  … 投資に融資を活用できる ただし、リスクも負う

    【デメリット】
    ●空室リスク … 一番問題!絶対に避けなければならない問題です。回避はサブリースとか?
    ●家賃滞納リスク … 管理会社をしっかりえらぶ?回避はサブリースとか?
    ●修繕リスク … 防げないため、積み立てて準備しないと。。お金があれば解決?
    ●金利上昇リスク … ローンを組んだ場合に負担増へ 自己資金が多ければリスクは減る!?
    ●流動性リスク … 不動産は市場取引じゃなく対面取引のためためすぐには売却できない。中長期で持つのを前提に!
    ●災害リスク … 震災・火災などは造り、保険で対応 フルカバーは難しいかも
    ●外部要因リスク … 人口減少や自殺など。。これも個人では防げないかも!運任せ!



    どんな投資にもリスクはつきものですから、メリット・デメリットを良く理解し、メリットは自分にとって本当にリスクか?
    リスクは回避方はないのか?納得のいくまで勉強したいと思います。


    ゆっくりあせらず勉強を始めます。
    posted by: | 投資用不動産 | 13:05 | comments(2) | - |
    ヨシダ様コメントありがとうございます。 外部要因リスクの人口減少は都心部であれば需要に対して供給がまだまだ間に合っていないという事ですのでノウハウがあれば回避できるのかなというのも感じました。 不動産会社勤務ということで凄く詳しく教えてくださり、ありがとうございます。 -----
    | よそふめ | 2013/07/20 8:51 AM |
    大阪に本社を構えていて、 国内外の不動産投資物件を扱う不動産会社で 働いておりますヨシダと申します。 不動産投資のメリットは大きく分けて3つあります。 よそふめさんのご存知の通り年金対策、団体信用生命保険、節税対策です! リスクの部分も間違いではないですが、補足としましては、 入居が空いても家賃保証システムがあります。 金利は銀行法という法律があり、一気には上がることはありませんし、金利が上がる=物価が上がる ので、その時に売ってしまえば気になるリスクからは外れますね☆ 修繕も入居者さんから修繕積立金を毎月、共益費の中に含まれていますので、オーナーさんの懐を痛めるような物でもありません。 すぐには売却できないのは確かですが、1年も2年もかかるものではありません! 災害は、阪神大震災が1995年に起こってからは建築法がかなり厳しく設定されているので(津波は例外ですが…)地震で倒れるような物件は建てれません。 外部要因リスクの人口減少は都心部であれば需要に対して供給がまだまだ間に合っていないのが現実ですので、都心部に建つマンションであれば安心ですね!事件や自殺は想定できませんが(^_^;) と、まあ不動産投資の目的とすれば株や先物、証券、FXをしている方のリスクヘッジの仕方として評判はすごく良いです。 あとはドクター、副業が認められていない公務員、また、最近で言えばサラリーマンの方が税金対策として持たれるケースが一番多いです。
    | ヨシダ | 2013/07/20 2:35 AM |