Profile
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
配当控除のメリットは年収どれくらいから?
0

    どうもです。

    今回、確定申告を行うことで配当控除を行いました。

     

    今のところルーティンになりつつありますが、配当控除のメリットを受けれるのは年収どれくらいから?という疑問が頭をよぎりましたので、今後のためにも少し紹介したいと思います。

     

    とはいってもでは、ベースは「所得」から、基礎控除や配偶者控除などの各種所得控除の合計を引いた金額である課税所得となります。

     

    課税所得ってあまり一般的に使わないの非常にわかりにくくなります。

     

    なので、多くの人に適用される社会保険料控除と基礎控除のみを考慮して課税所得を考えます。

     

    たとえば、年収500万円の人なら、給与所得控除は、計算式に当てはめると144万円、社会保険料は年収の約15%とすると75万円、基礎控除は48万円です。

     

    500万円 - 144万円 - 75万円 - 48万円=233万円
    (年収 - 給与所得控除 - 社会保険料控除 - 基礎控除=課税所得)

    課税所得は233万円となり、税率は10%ということがざっくり分かります。


    この考えで適用される年収です。

     

    \芭5%(課税所得195万円以下) : 約440万円以下
    440万円 - 132万円 - 66万円 - 48万円=194万円

     

    ∪芭10%(課税所得195万円超330万円以下) : 約640万円以下
    640万円 - 172万円 - 96万円 - 48万円=324万円

     

    税率20%(課税所得330万円超695万円以下) : 約1,070万円以下
    1,070万円 - 195万円 - 132万円 - 48万円=695万円

     

    だ芭23%(課税所得695万円超900万円以下) : 約1,280万円以下
    1,280万円 - 195万円 - 145万円 - 48万円=892万円

     

    ダ芭33%(課税所得900万円超1,800万円以下) : 約2,200万円以下
    2,200万円 - 195万円 - 165万円 - 48万円=1,792万円

     

    税率40%(課税所得1,800万円超4,000万円以下) : 約4,360万円以下
    4,360万円 - 195万円 - 165万円=4,000万円

     

    Ю芭45%(課税所得4,000万円超) : 約4,370万円以上
    4,370万円 - 195万円 - 165万円=4,010万円

     

    いかがでしょうか。

     

    ざっくりとイメージしやすくなったのではないてしょうか?

     

    我が国の平均年収は441万円らしいので、ほとんどの人は税率10%タイプとなることがわかります。

     

    てことは。

     

    ほとんどの人は配当控除受けたらメリット出るとこになりますね。

     

    では。

    posted by: よそふめ | 確定申告 | 19:02 | comments(0) | - |