Profile
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
セミリタイアを目指す上で子供の学費が確定しないのはキツイ
0

    どうもです。

    いつかはセミリタイアを夢見る私ですが、なかなか子供がいる人でセミリタイアしている人は少ないのが現状だと感じます。

     

    他の方のリタイアブログを読んでいて、ふと思ったことがあります。

     

    現在37才の私は今のところ53才くらいでしたいなと考えているのですが、私の場合は丁度子供が大学、高校の年頃になります。

    これから教育費がピークを迎えるところで、大丈夫か?という不安がきっと出てくると考えるようになりました。

     

    何が困るかというと、ある程度直近にならないといくらお金が掛かるか見えないとこです。

     

    おそらく受験の1年、2年前に見えてくるくらいじゃないでしょうか。

     

    私立か公立か、理系か文系か、通いか下宿かそれだけでも相当のブレ幅です。

     

    しかも、我が家は今子供は2名なので×2になります。

     

    一応、私立4年制を想定して学資保険は掛けているのですがそれだけでは足りないと思われます。

     

    ではいくらあればいいのか?

     

    そこがポイントになってきます。

    学資保険の金額を確認はすぐできるのでやろうと思います。あとの差額はどうするかですね。

     

    また、思春期を迎える子供が普通のサラリーマンから一般的でないセミリタイアという生き方を理解してもらえるか問題も出てくるのではないかと予想してます。

     

    セミリタイアしました、家庭内で軽蔑されますだと楽しくないです。

     

    その辺はこれから埋めていかなければなりませんが、学費については私だけが用意するものではなく妻も半分負担してもらいますので、普通のサラリーマンが普通に結婚して、子供を持って、セミリタイアしたいのであれば、経済的にも精神的にも、夫婦共働き継続は必須だなと感じます。

     

    私の目指すセミリタイアには、老後、教育費、援助費用(結婚、住宅)、周りの理解をクリアする必要があります。

     

    老後は一応目処が立ちました、教育費、援助費用、周りの理解はこれからです。

     

    援助費用はまあなくてもいいのですが、結婚や住宅購入したいと言い出したときに念の為です。

    私は、結婚は自費で全部まかないましたし、祝儀でほとんどペイしたのでそんなに問題ないと考えますが。

    嫁は出してもらったみたいなので、住宅については私は援助してもらったので頭金くらいは予定しときたいですね。

     

    まだまだ時間はあるのでじっくり、確実にしていきたいと思います。

     

    では。

    posted by: よそふめ | - | 19:16 | comments(0) | - |