Profile
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2019年度確定申告について
0

    どうもです。

    ちょこちょこと隙間時間を利用して2019年の確定申告が完成しました。

    毎年毎年やっているため年々スピードが上がっております!

    初めて確定申告をした時は随分時間が掛かったように思います。

    毎年やる度に制度の変更や税金について調べたりするので、不労所得を目指す自分にはとても勉強になります。

    さて、今回から源泉徴収や特定口座取引報告書の添付が不要になったことで申告がますます簡略化されました。

    ここ数年、控除項目が増えているため助かります。

    私は年末調整でやった住宅ローン控除、生命保険料控除に加え、確定申告で配偶者控除、寄附金控除、配当控除、外国税額控除、医療費控除を行いました。

     

    配偶者控除‥妻が育児休業のため、育児休業給付金をもらってますが所得にならないため配偶者控除が使えます。

     

    寄附金控除‥ふるさと納税です。どうせ確定申告するのでワンストップしてません。

     

    配当控除‥保有している日本株です。収入によりますが、平凡なサラリーマンの私は還付ありです。

     

    外国税額控除‥保有している外国株です。二重課税なっているため10%を取り戻さなくては!

     

    医療費控除‥今回初です。10万円にならないため還付は0ですがせっかく妻が入力してたのでどんな感じなのかと

     

    大体こんな感じです。

    今回も前回に引き続き総合課税を選択肢ました。

    還付は 146831円です。

    でかい。

    ちなみに分離課税なら46781円になります。

    配当控除で約100000円かわります。

    あと、4月から嫁が復職、転職するので2020年は配偶者控除は使えなくなります。

    配偶者控除を外すと今回だと還付は、108033円になり大体影響は約40000円です。

    これは確定路線なので心に止めておかないとですね。

     

    私は確定申告をして13年です。

    ここ近年は還付金額がゴツいですが、年度によってはない年もあります。

    ただ、ざっくり見積もっても今までの13年間で60万円程度は既に還付がありました。

    単純に割ると毎年約4.5万円です。

    仮に80才まで生きるとしたら43年あり、4.5万円×43年で還付金額は193万円。

    既に還付受けた60万円を合計すると250万円にもなります。

    車1台、旅行だと10〜30回分。

    これを多いか少ないかどう捉えるかはその人次第です。

     

    私は適正な納税を行いたいと思いますが、国のため本来払う税金より多く払う人はそれはそれでいいと思います。

     

    では。

    posted by: よそふめ | 確定申告 | 17:00 | comments(0) | - |