Profile
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
配当控除のメリットは年収どれくらいから?
0

    どうもです。

    今回、確定申告を行うことで配当控除を行いました。

     

    今のところルーティンになりつつありますが、配当控除のメリットを受けれるのは年収どれくらいから?という疑問が頭をよぎりましたので、今後のためにも少し紹介したいと思います。

     

    とはいってもでは、ベースは「所得」から、基礎控除や配偶者控除などの各種所得控除の合計を引いた金額である課税所得となります。

     

    課税所得ってあまり一般的に使わないの非常にわかりにくくなります。

     

    なので、多くの人に適用される社会保険料控除と基礎控除のみを考慮して課税所得を考えます。

     

    たとえば、年収500万円の人なら、給与所得控除は、計算式に当てはめると144万円、社会保険料は年収の約15%とすると75万円、基礎控除は48万円です。

     

    500万円 - 144万円 - 75万円 - 48万円=233万円
    (年収 - 給与所得控除 - 社会保険料控除 - 基礎控除=課税所得)

    課税所得は233万円となり、税率は10%ということがざっくり分かります。


    この考えで適用される年収です。

     

    \芭5%(課税所得195万円以下) : 約440万円以下
    440万円 - 132万円 - 66万円 - 48万円=194万円

     

    ∪芭10%(課税所得195万円超330万円以下) : 約640万円以下
    640万円 - 172万円 - 96万円 - 48万円=324万円

     

    税率20%(課税所得330万円超695万円以下) : 約1,070万円以下
    1,070万円 - 195万円 - 132万円 - 48万円=695万円

     

    だ芭23%(課税所得695万円超900万円以下) : 約1,280万円以下
    1,280万円 - 195万円 - 145万円 - 48万円=892万円

     

    ダ芭33%(課税所得900万円超1,800万円以下) : 約2,200万円以下
    2,200万円 - 195万円 - 165万円 - 48万円=1,792万円

     

    税率40%(課税所得1,800万円超4,000万円以下) : 約4,360万円以下
    4,360万円 - 195万円 - 165万円=4,000万円

     

    Ю芭45%(課税所得4,000万円超) : 約4,370万円以上
    4,370万円 - 195万円 - 165万円=4,010万円

     

    いかがでしょうか。

     

    ざっくりとイメージしやすくなったのではないてしょうか?

     

    我が国の平均年収は441万円らしいので、ほとんどの人は税率10%タイプとなることがわかります。

     

    てことは。

     

    ほとんどの人は配当控除受けたらメリット出るとこになりますね。

     

    では。

    posted by: よそふめ | 確定申告 | 19:02 | comments(0) | - |
    2019年度確定申告について
    0

      どうもです。

      ちょこちょこと隙間時間を利用して2019年の確定申告が完成しました。

      毎年毎年やっているため年々スピードが上がっております!

      初めて確定申告をした時は随分時間が掛かったように思います。

      毎年やる度に制度の変更や税金について調べたりするので、不労所得を目指す自分にはとても勉強になります。

      さて、今回から源泉徴収や特定口座取引報告書の添付が不要になったことで申告がますます簡略化されました。

      ここ数年、控除項目が増えているため助かります。

      私は年末調整でやった住宅ローン控除、生命保険料控除に加え、確定申告で配偶者控除、寄附金控除、配当控除、外国税額控除、医療費控除を行いました。

       

      配偶者控除‥妻が育児休業のため、育児休業給付金をもらってますが所得にならないため配偶者控除が使えます。

       

      寄附金控除‥ふるさと納税です。どうせ確定申告するのでワンストップしてません。

       

      配当控除‥保有している日本株です。収入によりますが、平凡なサラリーマンの私は還付ありです。

       

      外国税額控除‥保有している外国株です。二重課税なっているため10%を取り戻さなくては!

       

      医療費控除‥今回初です。10万円にならないため還付は0ですがせっかく妻が入力してたのでどんな感じなのかと

       

      大体こんな感じです。

      今回も前回に引き続き総合課税を選択肢ました。

      還付は 146831円です。

      でかい。

      ちなみに分離課税なら46781円になります。

      配当控除で約100000円かわります。

      あと、4月から嫁が復職、転職するので2020年は配偶者控除は使えなくなります。

      配偶者控除を外すと今回だと還付は、108033円になり大体影響は約40000円です。

      これは確定路線なので心に止めておかないとですね。

       

      私は確定申告をして13年です。

      ここ近年は還付金額がゴツいですが、年度によってはない年もあります。

      ただ、ざっくり見積もっても今までの13年間で60万円程度は既に還付がありました。

      単純に割ると毎年約4.5万円です。

      仮に80才まで生きるとしたら43年あり、4.5万円×43年で還付金額は193万円。

      既に還付受けた60万円を合計すると250万円にもなります。

      車1台、旅行だと10〜30回分。

      これを多いか少ないかどう捉えるかはその人次第です。

       

      私は適正な納税を行いたいと思いますが、国のため本来払う税金より多く払う人はそれはそれでいいと思います。

       

      では。

      posted by: よそふめ | 確定申告 | 17:00 | comments(0) | - |
      2019年度確定申告準備
      0

        どうもです。

        そろそろ2019年度の確定申告準備をはじめてます。

         

        24才からかれこれ13年こう毎回やっていると微妙に慣れてきます。

         

        そのせいか少しづつ制度が変わってくるのを実感できます。添付資料が少なくなったり、細かく申告できるようになったりと目まぐるしいです。

         

        当然メリットとして税還付がありますが、税金の知識習得もあげられると思います。

         

        例えば売買で利益1億円あげたとしても、株式投資は分離課税で20%ですが、仮想通貨は総合課税で55%税金取られるとかを知っていると知っていないで税制面でどちらが有利か合理的に判断できます。

         

        アルバイトをする際にも収入によって何時間まで働くか、自分に合った動きを判断する材料になったりします。

         

        そんなこんなで年に一度くらいは確定申告をしてみましょうと布教しているのですが、なかなか面倒なのか周りでやっている人はまだまだ少数派です。

         

        ただ、コツコツとしている布教が実を結んだのか、ついに嫁が昨年から確定申告するようになってきました!

         

        毎回私に数万円〜十数万円の還付があることを目の当たりにして考えるようになったのだとか。

         

        どうせ投資や退職、老後とやるようになるのだし、申告のやり方で納税額が変わるのが面白かったみたい。

         

        こうやって身近に信者を増やしておけば新しい情報や見落としをする確率が下がるので私としてもありがたいことなのです。

         

        さて、今回私が予定しているのは配当控除、寄附金控除(ふるさと納税)、外国税額控除、配偶者控除(育児休業の妻をいれる)、医療費控除(金額微妙)です。

         

        必要な書類も揃ったのでコツコツと隙間時間に作成を始めたいと思います!

         

        色々なパターンで還付金額が変わる様を公開する予定ですので、しばしお待ち下さい。

         

        では。

        posted by: よそふめ | 確定申告 | 08:35 | comments(0) | - |
        2018年?確定申告還付金入金
        0
          どうもです。

          2018年度の確定申告還付金入金がありました。

          金額は140,205円です。
          zeimu.png


          けっこう大きいですね。

          やはや

          しがないサラリーマンとしては結構助かります。

          全額使用したいところですが、4万弱は嫁に押収されることになりました。

          ちっ。

          さて還付金の使いみちですが、今のところ何か優待株でも購入しようかと思います。

          というのも還付金のため、確定申告しなかったと考えるとリスク取れるなと。

          優待株といってもできれば外食にしようかと思います。

          基本お昼は外食なのですが、物価が上がってきたいるためお昼代がかさんでいます。

          まだ、牛丼の券が残っていますがもう少しバリエーションを増やしたいなと。

          ある程度銘柄は絞っているのでまた購入したら公開したいと思います。

          「スポンサード リンク」



          style="display:block"
          data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
          data-ad-slot="1729733783"
          data-ad-format="auto">




           
           
           

           
          サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

          ランキングに参加しました
          ブログランキング・にほんブログ村へ
          にほんブログ村

          サラリーマン投資家 ブログランキングへ

          posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
          2018年度確定申告提出!!
          0
            どうもです。

            やっと2018年度の確定申告提出しました。

            てかほぼできていたのですが、嫁が医療費控除をするとのことで待っていました。

            子供は無料だし計算したら

            結局、残念ながら8万円程度のため私では無理そうです。

            基本的には10万円を越えていればいいのですが届かず。

            ただ

            年収によっては10万円いかなくてもできるため、嫁名義で提出するのかどうかです。

            それは嫁にまかせます。

            今回は、配当控除、寄付金控除、外国税額控除、配偶者特別控除で還付予定は約14万円です。

            haiguukoujyoari.png

            決して無視できない金額です。

            今回は配偶者特別控除がスポットで入ったとはいえ、還付は大体10万円くらいで考えてもよさそうです。

            ちなみに

            確定申告することにより大体毎年5万円の還付があると仮定します。

            私は今36歳ですので、大学卒業からで13年、仮に58歳までサラリーマンするとして35年間を考えます。

            すると、単純計算で5万円×35年=175万円です。

            大きくないですか?

            車1台くらい変わります。

            確定申告は退職や年金をもらうようになれば、どのみちしなければなりません。

            どうせしなければならないのであれば、是非今のうちから慣れておいて下さい。

            それに、1年間の自分の収入であったり税金であったりがわかります。

            これはメリットだと思いますね。

            私は出す出さないは別にしてもうかれこれ10年以上も確定申告入力しています。

            年々スピードアップしています!!

            しかも毎年何かしら変更点があり、地味に気が付くようになってきました。

            最初は面倒だなと思っていましたが、少し楽しめるようにもなってきています。

            あまりしていない人は是非してみてください。

            お金の勉強にかなりなると思います。

            では。

            「スポンサード リンク」



            style="display:block"
            data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
            data-ad-slot="1729733783"
            data-ad-format="auto">




             
             
             

             
            サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

            ランキングに参加しました
            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村

            サラリーマン投資家 ブログランキングへ

            posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
            2018年確定申告〜今回の予定
            0
              どうもです。

              早いものでもう2月。

              そろそろ確定申告の準備に取り掛かっている私です。

              今回の確定申告は

              ・配当控除
              ・株式売買損益通算
              ・外国税額控除
              ・寄付金控除(ふるさと納税)
              ・配偶者控除特別控除
              ・医療費控除

              これらを行う予定です。

              配当控除や損益通算、外国税額控除についてはいつも通り。

              しかし、ここで大きく勘違いしていた事が判明。

              シーズホールディングスを売却した際300万くらい利益を計上したのですが、税金を下げるために60万円くらい損失を計上したんですよね。

              何故かこれで税金かからんだろうと思ってたのです(恐らく税金60万という頭だけが大きかったんだと思われる)

              普通に考えたら、利益300万-損失60万で240万に対し税金がかかるだけ。

              減らすことはできてますが、掛からないわけではないことが、今になって気が付いた。

              なんで、そんなに自分に都合のいい解釈になったんだろう。

              この思想は、底辺脳ですね。

              反省です。

              ただ、この損失戦法は配当金にも有効なので配当金の範囲内であれば、毎年ガンガン評価損の銘柄には使っていきたいです。

              メリットは、配当金の税金と保有銘柄の取得金額を下げれる。

              デメリットは、売買手数料、手間、金額に制限がある。

              さて、

              寄付金控除は、やる人が増えたためかずいぶん楽になってますね。

              配偶者特別控除は嫁が産休、育休だったためギリギリ受けれる事が判明。

              やると3〜4万円返ってくるので大きいです。

              気が付いて良かったです。

              が、それは妻に押収されてしまうことになりました。

              保育料の足しにされるそうです。

              最後に、医療費控除は子供の医療機器や大人の通院費用が対象になるみたいです。

              10万越えそうなんだったらやってみようかなという軽い気持ちです。

              ただ、領収書や転記が超絶面倒そう。

              これについては費用対効果をキチンと検証するためにもやる場合、やらない場合で記録しておくつもりです。

              とまあこんな感じで考えてます。

              私の予想としては6〜7万あればなぁ。

              そんな感じです。

              では。

              「スポンサード リンク」



              style="display:block"
              data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
              data-ad-slot="1729733783"
              data-ad-format="auto">




               
               
               

               
              サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

              ランキングに参加しました
              ブログランキング・にほんブログ村へ
              にほんブログ村

              サラリーマン投資家 ブログランキングへ

              posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
              もうすぐ確定申告〜その前に覚えておこう!課税所得とは
              0
                どうもです。

                もうすぐ確定申告ですね。

                楽しみな人、面倒な人、どうでもいい人いると思います。

                私は実は楽しみな人だったりします。

                なんか毎回やるたびに新しい知識を吸収できるのが楽しいです。

                一年の決算みたいだし。

                それにやるたびにスピードが上がっていっているのがわかります。

                さて、

                そろそろ準備に入っている人は多いのではないでしょうか。

                領収書を集めたり、源泉徴収票や取引残高報告書を整理したり。

                ややこしいですよね。

                確定申告って。

                入力する項目がどっちともとれるとか、書類の記載が空白であるとか、管轄の税務署によって解釈が違うとか。

                さて、実は私

                毎回あやふやになるのが、総合課税選択なんです。

                私の収入程度であれば基本総合課税でいいはずなんですが、毎回迷います。

                というのも

                株式の配当は、所得税、復興特別所得税、住民税などが源泉徴収されているのですが、課税所得によっては

                総合課税を選択すると税率が有利になり還付があるんです。

                ただ、私は恐らく課税所得がよくわかっていない。

                というわけで少し我流で勉強。

                kazei.png

                この「課税される所得金額」は、下の式で算出できます。
                課税される所得金額(課税対象となる金額)=給与所得控除後の金額(2)−所得控除の額の合計額(3)

                こんな出し方なんですね。

                330万円以下であれば10%の配当控除を受けることができます。

                さらに330〜695万円以下でも2%程度の配当控除を受けることができます。

                これを抑えておけば!

                配当控除も怖くない!

                はず。

                あとは株の所得がどれだけになるかだなぁ。

                では

                「スポンサード リンク」



                style="display:block"
                data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                data-ad-slot="1729733783"
                data-ad-format="auto">




                 
                 
                 

                 
                サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

                ランキングに参加しました
                ブログランキング・にほんブログ村へ
                にほんブログ村

                サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                総合課税は気を付けないといけない
                0
                  どうもです

                  se.jpg

                  2016年度は総合課税で確定申告しました。

                  2017年度はもいうと分離課税で確定申告しました。

                  総合課税すれば配当控除を使えるのでメリットあるケースもあるのですが、気を付けないといかないのが住民税等が上がる可能性あることです。

                  住民税が上がると困ることそれは、自分だけでなく家族にも迷惑をかける可能性があります。

                  例えば保育料なんかは住民税をベースに考えられたりします。

                  自治体によって保育料は区切りが違ったりしますが、ヘタすれば1つ階級が変わるだけでも月に1万円くらい差が出たりします。

                  年だと12万円ですからね。

                  うっかり確定申告で総合課税選択すると

                  保育園代上がる可能性あったんですよね。

                  なので保育園通っている間は確定申告は少し慎重にしたいと思います。



                  4月からこども園になったんだった

                  では。

                  「スポンサード リンク」



                  style="display:block"
                  data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                  data-ad-slot="1729733783"
                  data-ad-format="auto">




                   
                   
                   

                   
                  サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

                  ランキングに参加しました
                  ブログランキング・にほんブログ村へ
                  にほんブログ村

                  サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                  posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                  29年度確定申告提出!!
                  0
                    さて、29年度の確定申告を提出しました。

                    外国税額控除のため

                    医療費控除はいけるかなと思ったが、子供は無料だし計算したら全然10万もなかった。

                    そのため

                    ダッシュで入力。

                    その時間10分!!

                    出す出さないは別にしてもうかれこれ10年も確定申告入力しているので年々スピードアップしています!!

                    しかも毎年何かしら変更点があり、地味に気が付くようになってきました。

                    で取りあえずは還付金額は13,325円!
                    kakutei29.jpg

                    ただ、今回とんでもないことを発見してしまった。

                    というのもふるさと納税でワンストップした私ですが、確定申告するのであればワンストップ無効になるらしい。

                    ガーン

                    28年は気が付かずにそのままいったので大損している気がします。

                    まぁしょうがない

                    29年度気が付いただけでもOKとします。

                    今後はふるさと納税のワンストップ

                    どうせ確定申告するしやめようかな

                    しかし今回マイナンバーコピーやら提出めんどいな

                    かといって確定申告のためにカードリーダーやマイナンバーカード申請するのもばかばかしいし

                    もっとうまい事できそうなきがする。

                    では。

                    「スポンサード リンク」






                     
                     
                     

                     
                    サラリーマンよそふめは不労所得で年間122万円を達成したいと思います

                    ランキングに参加しました
                    ブログランキング・にほんブログ村へ
                    にほんブログ村

                    サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                    posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                    28年度税務署より還付金
                    0
                      どうもです。

                      あー金ねぇなぁと思いながら銀行口座を確認すると、28年度の確定申告還付金が入金されました。

                      2017年3月13日   121,877円 振込2 〇×ゼイムシヨ

                      ありがたやありがたや!!!

                      今回配偶者控除を受けられるんじゃね?と思い取りあえずダッシュで入力のち

                      あまりに早く終わってしまったので、総合課税での配当控除だの外外国税額控除を入力してみることに!!!

                      合計40分でなんと還付が121,877円!!

                      あまりの金額になんか間違えているんじゃね?と思っていましたが、取りあえず還付されたということはOKだったということでしょう。

                      3万円は嫁に還付するので残り9万円が手元に!!

                      取りあえず半分は趣味に使うか!あと半分は赤字の補てんじゃ。。

                      しかし、確定申告はやってみるものですね!

                      私は25歳〜34歳の現在まで毎年一応確定申告をしてますが、なんだかんだで9年の合計金額でいくと30〜40万円くらいになるんじゃないだろうか。

                      こう考えると少しの手間をかけるだけで、やり方わかるだけで、やってみようと思うだけでお金になるんですよね。

                      わずかでも年月を重ねるとでかいですよね。

                      今からでも誰でもできることなので、皆さんも是非チャレンジしてください。

                      まぁみんなやったら税金の取り方がまた変わるかもしれませんが。。

                      「スポンサード リンク」



                      style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                      data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                      data-ad-slot="5655419780">





                       
                       
                       

                       
                      サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                      ランキングに参加しました
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村

                      サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                      posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                      確定申告で見えたこと〜ふるさと納税
                      0
                        どうもです。

                        3.jpg

                        確定申告をして見えたこと事があります。

                        ふるさと納税って

                        私は体裁のいい節税手段だとずっといっています。

                        それは所得が多いほど寄付できる金額が増えて実負担2000円で返礼がGETできるという構造だからです。

                        住民税分を返礼品で薄めるといったイメージです。

                        今までは上限はないものと思っていましたが、そうでもなさそうです。

                        この度確定申告をやっていて一時所得とふるさと納税との関係についてふれているのを発見!!

                        「ふるさと寄附金の謝礼として受ける特産品に係る経済的利益については、所得税法第9条に規定する非課税所得のいずれにも該当せず、また、地方公共団体は法人とされていますので(地方自治法第2条第1項)、法人からの贈与により取得するものと考えられます。
                        したがって、特産品に係る経済的利益は一時所得に該当します(所得税法第34条、所得税基本通達34-1(5))」

                        ほお!!

                        ふるさと納税の返礼品って一時所得になるらしいです。

                        となると

                        一時所得の金額 = 返礼品 - 寄付金 - 特別控除額(最高50万円)

                        という式が成り立ちます。

                        返礼品はだいたい30〜50%が多いので、返礼品が50万円に達するのは約100万円の寄付が必要になります。

                        ざっくり計算していくと

                        自己負担2,000円で100万円以上の寄附ができる人、つまり、限度額計算の記事を参考にするとサラリーマンでは収入金額が6,000万円以上になります。

                        天井に上限がある事がわかりました。



                        やはり収入の多い人が節税に使うだけの制度ではないでしょうか。

                        税収の減った自治体が訴えていますが、制度が見直されていくのは時間の問題ではないでしょうか。

                        皆さんもできるうちにやっておきましょう!!

                        確定申告をしていると毎年毎回気づきがあります。

                        還付もさることながら、マネーの勉強にもなります。

                        これも確定申告の醍醐味ではないでしょうか。

                        不労所得を目指す身としては精進あるのみです。

                        「スポンサード リンク」



                        style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                        data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                        data-ad-slot="5655419780">





                         
                         
                         

                         
                        サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                        ランキングに参加しました
                        ブログランキング・にほんブログ村へ
                        にほんブログ村

                        サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                        posted by: | 確定申告 | 22:03 | comments(0) | - |
                        28年度確定申告提出!!
                        0
                          どうもです。

                          さて、28年度の確定申告を提出しました。

                          今年は妻が育休だったため年度の途中からの復帰!!

                          そのため配偶者控除を受けられるんじゃね?と思い取りあえずそれだけ入力しました。

                          その時間10分!!

                          出す出さないは別にしてもうかれこれ10年も確定申告入力しているので年々スピードアップしています!!

                          しかも毎年何かしら変更点があり、地味に気が付くようになってきました。

                          で取りあえずは配偶者控除のみでの還付金額は29,099円!住民税下がってふるさと納税に影響ありそうな気が。。
                          kanpu.jpg

                          あまりに早く終わってしまったので、総合課税での配当控除だの外外国税額控除を入力してみることに!!!

                          それでも40分くらいだったので、やっぱり慣れてきているんだなぁ。

                          するとなんと還付が121,877円!!ぬおおおっ
                          還付金12.jpg

                          なんか間違えているのだろうか?

                          それとも住民税とかがめちゃくちゃ上がるのかな?

                          まぁ間違えているのであれば税務署から連絡来て修正すればいいだけだろうし。。

                          住民税上がるくらいだったらふるさと納税影響を回避できるだろうし!

                          取りあえず出してしまうことにしました。

                          間違いなんて怖くない!

                          ううむ

                          もし正しく還付されると3万円は嫁に還付するとしても残り9万円が手元に!!

                          熱いな!!

                          「スポンサード リンク」



                          style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                          data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                          data-ad-slot="5655419780">





                           
                           
                           

                           
                          サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                          ランキングに参加しました
                          ブログランキング・にほんブログ村へ
                          にほんブログ村

                          サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                          posted by: | 確定申告 | 21:23 | comments(2) | - |
                          確定申告始まるよー
                          0
                            どうもです。

                            28年度確定申告がそろそろ始まりますね。

                            ちなみに申告期間・納期限(平成28年分(2016年分)確定申告)ですが、

                            2017年2月16日(木)〜3月15日(水) です。

                            お忘れないように。


                            「スポンサード リンク」



                            style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                            data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                            data-ad-slot="5655419780">





                             
                             
                             

                             
                            サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                            ランキングに参加しました
                            ブログランキング・にほんブログ村へ
                            にほんブログ村

                            サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                            posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                            確定申告で嫁の育休配偶者控除可能だけどふるさと納税枠が減るかも
                            0
                              どうもです。

                              28年は嫁の産休・育休が終了し、職場復帰をしました。

                              で、配偶者控除のこと何も考えておらず

                              と今更気が付きました。

                              嫁がすっと源泉徴収票を渡してきたため、ちょっと調べたら確定申告したら配偶者控除できそうな金額!!

                              そりゃま、復帰が11月とかだったのでさすがにね

                              還付金額はまた入力してからということですが、恐らく3万くらいじゃないでしょうか。

                              今のところ全額嫁に還付予定です。

                              手数料くらい差し引いてやろうかな。

                              まあ嫁はそれでいいんですが、私のほうは少しふるさと納税に影響が出るかもしれません。

                              あらかじめ見越して28年度は余裕がある感じにふるさと納税は45000円分にしておいたのですが、こればかりはふたを開けてみないとわかりません。

                              微妙に持ち出しが発生するかもしれませんが、まぁそれは仕方なしとすることにしたいと思います。

                              フルタイム共働きだし、無事職場に復帰して菓子折りとかでお金使っているしね。

                              それに今年は株で損失出すの忘れたから、多分15分くらいでできるしね。

                              毎年とりあえず出す出さないにしろ確定申告書は作っているおかげで、どんどん慣れてきてるし、スピードも年々上がっています。

                              税について学ぶきっかけにもなるし、これからも習慣にしていきたいと思います。

                              「スポンサード リンク」



                              style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                              data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                              data-ad-slot="5655419780">





                               
                               
                               

                               
                              サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                              ランキングに参加しました
                              ブログランキング・にほんブログ村へ
                              にほんブログ村

                              サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                              posted by: | 確定申告 | 00:00 | comments(0) | - |
                              もしかしたら確定申告で嫁の育休配偶者控除可能かも
                              0
                                どうもです。

                                28年は嫁の産休・育休が終了し、職場復帰をしました。

                                バタバタしていてなかなかいろいろな事を考えれていないかったのですが。

                                ふと

                                なーんもやってなかったけど配偶者控除いけるんじゃないかな?

                                と今更気が付きました。

                                ですが、ちょっと調べたら確定申告でも後出しできるみたい。

                                年収制限ありますが、復帰が11月とかだったので絶対いけるきがします。

                                そろそろ確定申告の時期ですので一度試しにやってみようかなと思います。

                                少しでももどってくりゃ嬉しいですからね。

                                まぁさすがに私の方で配偶者控除や配偶者特別控除を受けることになるのですが、これは全額嫁に還付したいと思います。

                                金額によりますが、旅行の費用にでもしてもいいしね。

                                ちなみに妻の「給与所得の源泉徴収票」は必要アイテムです。

                                産休・育児休業で年収が141万円以下になった方は、配偶者控除または配偶者特別控除のいずれかを受けることができますので、心あたりがある方は是非一度確定申告してみて。

                                では!

                                「スポンサード リンク」



                                style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                                data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                                data-ad-slot="5655419780">





                                 
                                 
                                 

                                 
                                サラリーマンよそふめは不労所得で年間80万円を達成したいと思います

                                ランキングに参加しました
                                ブログランキング・にほんブログ村へ
                                にほんブログ村

                                サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                                posted by: | 確定申告 | 09:06 | comments(0) | - |
                                2015年度確定申告について
                                0
                                  今年は前年に引き続きしないこととしました。

                                  もちろん、ただ面倒だからとか、わからないからって理由ではなくて

                                  ちゃんと必要項目を入力して出す一歩手前まではシュミレートして判断した結果です。

                                  今回も前年に引き続き株の売買での利益が大きかったので、還付金、損失の繰越しは0となりました。

                                  となると、印刷手間や出力、郵送コストを考えるとのでやらないほうがいいですよね。

                                  前職のブラック企業を辞めてからというもの確定申告は一昨年まで毎年欠かさずやっていたので出さないと違和感を感じます。

                                  最初は丸1日かかったり、確定申告のための雑誌を購入したり悪戦苦闘してましたが、今では前年データを引っ張り出してほんの1時間ちょっとほどで終わるようになりました。

                                  いやあ、成長したもんだ。

                                  これからも出す出さないに関わらず毎年欠かさず出す一歩手前まではシュミレートを継続しようと思います。

                                  なんでかって?

                                  一年間の収入を把握するためってのもありますが、収入や税の種別を調べたり考えたりするきっかけになるからです。

                                  私はこれでかなりいろいろ発見がありました。

                                  給料の50万と配当の50万では手元に残るお金が違うことをリアルに見たり?

                                  同じ所得でも総合か分離かでの申告の仕方で税のとられ方が違ったり?

                                  損失の繰越しで、損失をカバーできたり?

                                  やる度にいろいろ新しい発見があり、全部自分に跳ね返ります。

                                  不労所得を目指す私は稼ぐのと同様、税も避けては通れないと思ってます。

                                  お金に興味があってやってない人は是非やってみてください。

                                  仮に毎年2万の還付があれば10年では20万です!

                                  貯めてハイリスクな投資するもよし、海外旅行するもよし、もしくは毎年ちょっといいご飯でも食べに行くもよしです。



                                  「スポンサード リンク」



                                  style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                                  data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                                  data-ad-slot="5655419780">





                                   
                                   
                                   

                                   
                                  サラリーマンよそふめは不労所得で年間77万円を達成したいと思います

                                  ランキングに参加しました
                                  ブログランキング・にほんブログ村へ
                                  にほんブログ村

                                  サラリーマン投資家 ブログランキングへ

                                  posted by: | 確定申告 | 22:30 | comments(0) | - |
                                  平成25年度確定申告分国税還付金振込み
                                  0
                                    こんばんは猫
                                    平成25年度確定申告分国税還付金振込みがありました。

                                    なんと!!

                                    その額


                                    exclamationexclamation18,085円です

                                    無題.gif



                                    しがないサラリーマンにはでかい金額ですハートたち(複数ハート)

                                    私は社会人になって2年目〜現在に至るまで約8年間ずっと確定申告をし続けています。
                                    仮に毎年18,000円の還付があれば、8年で14,4000円です。これだけあればちょっとした金額です。
                                    最初は面倒くさいですが、やるたびに税金の仕組みを勉強できますし、だんだんスムーズになってきます。
                                    また毎年変わる税制が面白くて最近では自分楽しくなってきている自分が気持ち悪いです(笑)



                                    ちなんみに確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、
                                    exclamation個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること
                                    exclamation法人が原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること
                                    exclamation消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

                                    コツコツコツコツ地道ですが、積み重ねて大きな山を築きたいと思いますドコモ提供

                                    「スポンサード リンク」





                                    style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
                                    data-ad-client="ca-pub-6562152534336997"
                                    data-ad-slot="5655419780">



                                     
                                     

                                     
                                    サラリーマンよそふめは不労所得で年間50万円を達成したいと思います
                                    posted by: | 確定申告 | 21:51 | comments(0) | - |
                                    2013年度確定申告
                                    0
                                      おはようございますexclamationexclamation

                                      さて、私は社会人になって2年目から!つまり24歳の時前職の退職を機に、勉強と慣れのためと利益を兼ね、毎年確定申告しているのですが。

                                      今年も悪戦苦闘しながらなんとか確定申告を行いました。

                                      今回は分離課税で!そして初の外国税控除をトライするので少々不安なのですが、なんとかできました。
                                      還付予定金は、18,050円です。
                                      分離.gif

                                      思い起こせば今年で8年目です、最初は前職の退職があったのでしょうがなかったのですが!
                                      やり出したら結構楽しくて、その年自分がいくらもらったか、いくら税金を負担しているか?払うべき税金、払わなくて良い税金がどんなのがあるか?どんな控除が受けれるか?サラリーマンがいかに税金を負担しているか?などどんどん世界が広がっている感があり続いています。

                                      もちろん!利益があるからするんですがわーい(嬉しい顔)

                                      単純計算で8年×18,000=144,000円

                                      これが、20年、30年と積み重なればでかいです!

                                      今後も勉強と実益を兼ねて続けていきたいと思います。税金を制する者は、お金を制する(笑)です猫


                                      ※確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。
                                      個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること
                                      法人が原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること
                                      消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること




                                      今年2014年も継続してサラリーマンよそふめは不労所得で年間50万円を達成したいと思います
                                      posted by: | 確定申告 | 09:49 | comments(4) | - |