Profile
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
スポンサーリンク
ブログランキング

サラリーマン投資家ランキング
Category
スポンサーリンク
Archives
スポンサーリンク
New Entries
Recent Comment
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
            
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
雇用環境が良いと個人が強くなり、悪いと会社が強くなるという気が
0

    どうもです。

    就職氷河期ドンピシャではないですが、若干被っていました。

    私が新入社員の時代には求人が少なくて圧倒的に会社が強く、サビ残、休日出勤、パワハラは当たり前、働けば働くだけ美徳とされました。

    そういったブラック企業でも辞めたら正社員として就職できるかわからない状況でしたので、耐えきれず退職してから非正規になり、そのまま歳を重ねた同級生を山ほど見てきました。

    私も理不尽なサビ残、一方的な就労条件の変更などがあり、すがる思いで社会保険労務士に相談したこともあります。

    その時は「一年目のくせに甘い」、「会社とはそういうものです」、「どこにいっても通用しない」、とか言う社会保険労務士もいました。
    ダメだこりゃと思い、労働基準監督署に相談して不払い残業代を取り戻しましたが、今だとSNSに晒されて炎上するような事が普通に行われていたように思います。

    その後、株価が上がり、求人が増え、若者は過酷な会社から脱出しやすい環境になり、働き方改革だなんだと個人の扱いがマシになりつつあります。

    雇用環境が良いと個人が強くなり、悪いと会社が強くなるという気がします。

    感覚ですが私の世代も含め氷河期世代の会社に対する社畜度の高さといったら半端ないものがあると感じます。

    直属の上司が氷河期世代の社畜で、この間も、「22時までだと働いていいからな」とか、「ノー残業デーじゃなければ別に残業しても良いよ」、「朝早だと残業付けなくていいから」とか。ちょくちょく社畜への誘惑をしてくるのです。

    まっぴらゴメンなので、「いえ、帰ります」とキッパリ断ります。

    週3日程度の労働が普通でいいだろうと思う私は小さな抵抗を続けます。

    ただ、社畜は本心なのかネタなのかわかりませんが、めげずに働き方改革のおかげで残業できないのは残念だろうみたいな感じで接してくるのです。

    一度社畜になったらなかなか抜け出せないんだろうなと、少し考えさせられるものがあります。

    あな恐ろしや。

     

    では。

    posted by: よそふめ | - | 22:18 | comments(0) | - |
    配当控除のメリットは年収どれくらいから?
    0

      どうもです。

      今回、確定申告を行うことで配当控除を行いました。

       

      今のところルーティンになりつつありますが、配当控除のメリットを受けれるのは年収どれくらいから?という疑問が頭をよぎりましたので、今後のためにも少し紹介したいと思います。

       

      とはいってもでは、ベースは「所得」から、基礎控除や配偶者控除などの各種所得控除の合計を引いた金額である課税所得となります。

       

      課税所得ってあまり一般的に使わないの非常にわかりにくくなります。

       

      なので、多くの人に適用される社会保険料控除と基礎控除のみを考慮して課税所得を考えます。

       

      たとえば、年収500万円の人なら、給与所得控除は、計算式に当てはめると144万円、社会保険料は年収の約15%とすると75万円、基礎控除は48万円です。

       

      500万円 - 144万円 - 75万円 - 48万円=233万円
      (年収 - 給与所得控除 - 社会保険料控除 - 基礎控除=課税所得)

      課税所得は233万円となり、税率は10%ということがざっくり分かります。


      この考えで適用される年収です。

       

      \芭5%(課税所得195万円以下) : 約440万円以下
      440万円 - 132万円 - 66万円 - 48万円=194万円

       

      ∪芭10%(課税所得195万円超330万円以下) : 約640万円以下
      640万円 - 172万円 - 96万円 - 48万円=324万円

       

      税率20%(課税所得330万円超695万円以下) : 約1,070万円以下
      1,070万円 - 195万円 - 132万円 - 48万円=695万円

       

      だ芭23%(課税所得695万円超900万円以下) : 約1,280万円以下
      1,280万円 - 195万円 - 145万円 - 48万円=892万円

       

      ダ芭33%(課税所得900万円超1,800万円以下) : 約2,200万円以下
      2,200万円 - 195万円 - 165万円 - 48万円=1,792万円

       

      税率40%(課税所得1,800万円超4,000万円以下) : 約4,360万円以下
      4,360万円 - 195万円 - 165万円=4,000万円

       

      Ю芭45%(課税所得4,000万円超) : 約4,370万円以上
      4,370万円 - 195万円 - 165万円=4,010万円

       

      いかがでしょうか。

       

      ざっくりとイメージしやすくなったのではないてしょうか?

       

      我が国の平均年収は441万円らしいので、ほとんどの人は税率10%タイプとなることがわかります。

       

      てことは。

       

      ほとんどの人は配当控除受けたらメリット出るとこになりますね。

       

      では。

      posted by: よそふめ | 確定申告 | 19:02 | comments(0) | - |
      2020年2月新型コロナウイルス〜影響は?
      0

        どうもです。

        2020年2月、新型コロナウイルスが話題ですね。

         

        クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスでも、乗員乗客約3700人のうち、273人の検査結果を発表したところ、61人の感染が確認されていたようです。船で独立していることから隔離施設化しておりますが、外にも出れず14日〜個室で隔離されるなんて、高いお金出したのに本当災難ですよね。

         

        この隔離費用は自己負担になるのでしょうか?少し気になるところではあります。

         

        ですが、それよりも気になるのはやはり経済的なこと!!


        中国に進出している企業も工場が稼働しておらず、部品の確保などに懸念が出ています。

        早期に正常化できる見通しは立っておらず、中国での生産停止が長引けば中国製の部品を使っている日本国内の車の生産などに影響が広がるおそれもあり、各社は、サプライチェーンの状況把握にも神経をとがらせています。

         

        個人的には自動車産業なんて超どうでもいいですが、悲しいかな日本の経済を牽引しているのが自動車産業なので日本経済全体に影響は避けられそうにありません。

         

        GAFAやアリババ・テンセントなど世界ではIT企業が時価総額トップになってきているのに、いまだ自動車会社がトップを走っている国って。

         

        とはいえ、経済への影響は、感染の拡大がおさまるまでに3か月程度とすると、ことしの日本の実質のGDP=国内総生産の伸び率が0.2%程度押し下げられるとしています。


        確かに、関東、近畿でも観光客で賑わっていたところが閑散としておりおます。

        こうやってみると相当、観光を下支えしていたんだなぁと感じます。

         

        中国人旅行者の減少で、おもに観光や小売に影響が出そうですね。

         

        薬局からマスクが消えたことも、中国からの供給が制限されていることが大きな原因みたいですね。

        花粉症の時期には間に合って欲しいものです。

         

        では。

        posted by: よそふめ | - | 08:11 | comments(0) | - |
        2020年2月トランザクション・大和証券・ノエビア・やまうらより株主優待到着
        0

          どうもです。

           

          2020年2月トランザクション・大和証券・ノエビア・やまうらより株主優待到着しました。

           

           

          トランザクション

          …モバイルバッテリーです。

           出張など最近多いのですが、お金を出してでも欲しいものではないので助かります。

           

          大和証券

          …カタログギフトで選択したラスクです。嫁が欲しいそうですのであげます。

           

          ノエビア

          …ハンドクリームは嫁の妹へ、洗顔はありがたく使わせてもらいます。

           

          やまうら

          …これもカタログギフトで嫁のリクエストです。

           私はそんな食べないので嫁行きです。

           

          とこんな感じです。

           

          では!

          posted by: よそふめ | - | 09:34 | comments(0) | - |
          セミリタイアを目指す上で子供の学費が確定しないのはキツイ
          0

            どうもです。

            いつかはセミリタイアを夢見る私ですが、なかなか子供がいる人でセミリタイアしている人は少ないのが現状だと感じます。

             

            他の方のリタイアブログを読んでいて、ふと思ったことがあります。

             

            現在37才の私は今のところ53才くらいでしたいなと考えているのですが、私の場合は丁度子供が大学、高校の年頃になります。

            これから教育費がピークを迎えるところで、大丈夫か?という不安がきっと出てくると考えるようになりました。

             

            何が困るかというと、ある程度直近にならないといくらお金が掛かるか見えないとこです。

             

            おそらく受験の1年、2年前に見えてくるくらいじゃないでしょうか。

             

            私立か公立か、理系か文系か、通いか下宿かそれだけでも相当のブレ幅です。

             

            しかも、我が家は今子供は2名なので×2になります。

             

            一応、私立4年制を想定して学資保険は掛けているのですがそれだけでは足りないと思われます。

             

            ではいくらあればいいのか?

             

            そこがポイントになってきます。

            学資保険の金額を確認はすぐできるのでやろうと思います。あとの差額はどうするかですね。

             

            また、思春期を迎える子供が普通のサラリーマンから一般的でないセミリタイアという生き方を理解してもらえるか問題も出てくるのではないかと予想してます。

             

            セミリタイアしました、家庭内で軽蔑されますだと楽しくないです。

             

            その辺はこれから埋めていかなければなりませんが、学費については私だけが用意するものではなく妻も半分負担してもらいますので、普通のサラリーマンが普通に結婚して、子供を持って、セミリタイアしたいのであれば、経済的にも精神的にも、夫婦共働き継続は必須だなと感じます。

             

            私の目指すセミリタイアには、老後、教育費、援助費用(結婚、住宅)、周りの理解をクリアする必要があります。

             

            老後は一応目処が立ちました、教育費、援助費用、周りの理解はこれからです。

             

            援助費用はまあなくてもいいのですが、結婚や住宅購入したいと言い出したときに念の為です。

            私は、結婚は自費で全部まかないましたし、祝儀でほとんどペイしたのでそんなに問題ないと考えますが。

            嫁は出してもらったみたいなので、住宅については私は援助してもらったので頭金くらいは予定しときたいですね。

             

            まだまだ時間はあるのでじっくり、確実にしていきたいと思います。

             

            では。

            posted by: よそふめ | - | 19:16 | comments(0) | - |